真皮層に届けるヒアルロン酸|悩めるほうれい線は最新美容施術で治す

頬のたるみを改善するには

ドクターと看護師

ほうれい線の整形は、特殊な糸を使った治療も人気です。使われる糸も様々でスプリングスレッドや、シルエットリフト、フェザーリフト、金の糸、リードファインリフトなどがあります。糸はピンポイントの整形には最適なものとなっています。

Read

サーマクールとウルセラ

鏡を見る婦人

顔のたるみを引き締める治療には、サーマクールやウルセラなどがあります。どちらもメスを使わない切らない美容整形です。トリートメントをするだけで加齢でできたほうれい線の改善とたるみのリフトアップができます。

Read

日常生活の工夫で予防する

ウーマン

紫外線対策を万全に行う

ほうれい線は年齢を重ねると自然に目立つようになりますが、若い頃からちょっとした工夫をするだけで目立たなくさせることができます。お肌の大敵は紫外線です。若い頃から紫外線対策をしておくとほうれい線をある程度防ぐことができます。例えば外出する時には必ず日焼け止めを塗り、効果がなくならないように一定の時間経過ごとに塗り直すといった工夫をします。また帽子を被って直射日光を避けたりの工夫も効果があります。ほうれい線の原因は口周りの筋肉の衰えなので、普段から筋肉を鍛えるエクササイズをする工夫も効果的です。例えば口を閉じた状態で下を歯に沿ってゆっくり回すだけでも効果があります。さらに普段のスキンケアでコラーゲンの含まれた化粧品を使うことで肌にハリを取り戻すことができます。またレチノールという成分はコラーゲンを増やす働きがあるので、それの配合された化粧品も効果的です。保湿力のあるヒアルロン酸などの配合されたものも効果があります。若い頃からこのような予防をすることで、ほうれい線を目立たなくすることができます。

ヒアルロン酸注射で改善

ほうれい線がくっきりとできてしまった場合は、美容整形で消すことができます。かつてはメスを使って整形していましたが、今ではメスを使わないプチ整形という方法があるので簡単にほうれい線を消すことができます。主な方法としてはヒアルロン酸を真皮層に注射して、内側からほうれい線の溝を消します。プチ整形で気をつけることは、効果が永久に続かない点です。ヒアルロン酸注射の場合は半年から1年間で効果がなくなるので再度施術をする必要があります。それを何回か繰り返すことによってほうれい線を消すことができるのです。またプチ整形といえども医師の技術力が大きく影響するので、実績のある美容整形クリニックを選ぶことが必要です。そのためには実際に施術を体験した人の口コミが参考になります。またネット上には美容整形クリニックのランキングなどのサイトもあるので、それを参考に選ぶのも1つの方法です。初めて施術を受ける場合はカウンセリングをしっかり行って、アフターケアをしてくれる美容整形クリニックを選ぶことも大切です。真皮層に届けるヒアルロン酸で、しっかりと効果が得られるでしょう。

顔のたるみを解消するには

中年女性

ほうれい線は、もともと顔にあるシワで、老化により頬の筋肉が衰えたことで目立ち始めます。紫外線やストレス、睡眠不足も原因となります。ヒアルロン酸やボトックス注射で目立たなくすることができます。長い効果を期待するなら、特殊な糸を使ったリフトアップ手術が行われます。

Read

ほうれい線にさようなら

美容整形

ほうれい線を改善する治療方法は次のようなものがあります。ヒアルロン酸注入法、再生医療、リフトアップの3つが代表的です。リフトアップ法以外は、効果の持続期間が半年程度なので再度同じ施術を受ける必要があります。

Read

アンチエイジングの治療

カウンセリング

ほうれい線を簡単になくすアンチエイジング治療は、しわやたるみに悩む女性を救ってくれます。ヒアルロン酸注入ならその場ですぐにほうれい線がなくなります。リフティングレーザーは筋肉に働きかけてたるみをリフトアップする効果があります。

Read