真皮層に届けるヒアルロン酸|悩めるほうれい線は最新美容施術で治す

アンチエイジングの治療

カウンセリング

治療だけで治す

ほうれい線を美容クリニックで改善するには、手術をするか治療をするかのどちらかになります。顔面のリフトアップ手術をするとなると、確実な若返り効果があります。しかし、大きな手術になるので、体に負担がかかります。また、手術費用も高額になります。手術ではなくアンチエイジングの治療なら比較的簡単にできます。よく行われているほうれい線治療には、ヒアルロン酸注入があります。体内にも存在する物質ヒアルロン酸を注入剤として行う治療です。ほうれい線に注入するだけで深い溝がなくなり、内側から自然にふくらみがでます。光線系の治療では、リフティングレーザー、ウルセラ、サーマクールなどがあります。リフティングレーザーは高感度超音波エナジーを照射する最新の若返り治療です。高感度超音波には、皮下脂肪の下にあるSMAS筋まで達する性質があります。そして筋肉に熱を与えて、熱の収縮によって顔面のたるみがリフトアップします。タイトニングとリフティングが同時にできて、効果は1年ほど継続します。

簡単で低リスク

レーザーなどの手軽にできるアンチエイジング治療は、今や若返りの美容整形の定番となっています。超音波などの照射系のアンチエイジング治療は、表皮を傷つけないでコラーゲンやエラスチンなどを刺激して増やし、肌の若返りを促進させることができます。治療をするだけなのでダウンタイムがほとんどなく、治療をしたその日のうちに化粧、洗顔、シャワーなどができます。治療内容にもよりますが、当日から入浴や運動なども普通にできる場合もあります。大きな外科手術をすることになると、会社を一定期間休む必要がありますが、アンチエイジング治療なら仕事帰りにでも受けられます。すぐには効果がなく、時間をかけてゆっくりリフトアップしてくるのも照射系の治療の特徴です。すぐにでもほうれい線をなくしたいという人にはヒアルロン酸注入が向いていますが、ゆっくりなくしたい場合はレーザーなどの治療が向いています。急激に若返るのではなく、自然に若返っていくので、周りの人に気づかれないのがメリットです。