真皮層に届けるヒアルロン酸|悩めるほうれい線は最新美容施術で治す

サーマクールとウルセラ

鏡を見る婦人

切らないで解消できる

顔の老化を表すシワがほうれい線です。ほうれい線があるとそれだけで老け顔に見られてしまいます。ほうれい線を解消したいなら、美容整形がおすすめです。最新の美容整形では、ほうれい線などの深いシワも、メスを使わないでなくせます。「サーマクールCPT」は照射系の若返り治療です。顔にサーマクールの高周波をあてると、真皮のコラーゲンが傷ついて縮まります。その作用によって肌がリフトアップしてほうれい線が薄くなります。傷ついたコラーゲンは、数か月かけて修復されます。その修復の過程でもコラーゲンが大量生産されます。それによってゆるんだ皮膚が引き締まり、ハリが出てきます。「ウルセラ」も、メスを使わないリフトアップ治療器です。ウルセラは超音波トリートメントの一種です。サーマクールは真皮まで働きかけますが、ウルセラはその下の皮下脂肪やSMAS筋まで働きかける性質を持っています。皮膚がたるむ根本の原因はSMAS筋の低下にあります。ウルセラをすれば、SMAS筋を引き締めてほうれい線を根本から治せます。

トリートメントできない人

顔に高周波や超音波を照射するだけの美容整形は、エステ感覚で出来るためとても人気があります。皮膚を切開しないのでリスクもほとんどない整形です。ただし、人によってはトリートメントができない場合もあります。まず妊娠中や授乳中の人は安全のために受けられないのが普通です。また、高周波や超音波などの性質から、顔の中にインプラントなどを埋め込んでいる場合は、トリートメントができないことになっています。ゴールデンリフトなどの糸の若返り治療をしていると、トリートメントによってその効果が薄れてしまう危険性があります。顔にひどいニキビの炎症がある場合、ひどく日焼けをしている場合も、完全に治るまでトリートメントは避ける必要があります。アトピー性皮膚炎の人や皮膚慢性疾患のある人、感染症を発症している人、知覚や痛覚に障害がある人なども、トリートメントはしないほうが無難です。いずれにしても最初に入念にカウンセリングをしてよく医師と話し合い、自分の肌にあった治療をしてもらうことが大切です。